FC2ブログ

プロフィール

小川しんたろう

Author:小川しんたろう
【京もほっこり整体日記】京都市の整体院『京都フィルウェル』代表 小川しんたろうの整体日記
1973年4月 岡山生まれの整体師。

現在、京都市左京区にて整体中。

「指針整体」創始者 まつのぶ和也氏に師事。
指針整体オフィシャルスクール公認 指針整体師。

「指針整体 京都Feel-Well(フィル・ウェル)」代表。


http://kyoto-fw.com

【趣味】
ドライブ、ツーリング、アウトドア、読書、ショップ巡り、旅行

【好きな食べ物】
練り物(ハンバーグやつくね等)、ねぎ、蓮根、キャベツ、焼肉、パスタ…基本的に何でも好き!

【好きな場所】
賀茂川沿い、南禅寺

【好きな言葉】
「一期一会」 「生涯学習」 「感謝」


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


FC2ブックマーク


ツルッツル(汗)

今朝は感動のあまり、詩人なしんたろうを晒してしまった訳ですが(汗)

今回は、その時のウォーキングの話・・・


今朝の路面の凍結は、なかなか凄いものでした。

「真央ちゃん・・・」

思わず凍った水溜りの上を優雅に滑ってみたり・・・(笑)


とにかく、いつもの曼殊院さんまでの登り道、

普通の歩き方ではツルッ・ツルッと滑ってしまう。


     何故だろう??


答えは簡単!

小さい面積で地面を蹴るから。


実際、歩きながら足の裏を意識してみてください。

普通に歩けていれば、親指のつけ根(拇指球)で地面を蹴ってます。

もし上手く蹴れないとか違うところで蹴ってるって方は、

今すぐうちに予約入れてください(笑)


現在、一般的な普通の歩き方は

乾いた平原を歩く歩き方なので、

地面をしっかり蹴って、グングン前に押し進む歩き方です。

でも、それだけ強い力を

親指のつけ根の小さい面積に集めて蹴りだす訳ですから、

ぬかるんだ地面や、今朝のように凍結した地面には不向き。

足がズボッと入ってしまったり、ツルッと滑ってしまったりする訳です。



     ではどうすれば滑らないのか?


答えは単純(笑) 逆をすれば良い訳です。

つまり、滑るときってのは接地面積が小さい訳ですから大きくし、

蹴る瞬間に滑るんですから蹴らなきゃ良い・・・


     昔の日本人の歩き方をそのまますれば良い。


手は振らず、体を捻らない。

目線をやや下に落とし、体を前に倒す。

軽くヒザを曲げて、足の裏全体を一度に離し、

一度に地面に着ける。

地面を蹴らないから、当然歩幅が小さく小刻みに足音が鳴る。

ほとんど摺足状態。

でもこれが、   滑らない!!


もう今シーズンは終わってしまったが、

受験生にはぜひ実施して欲しい歩き方!!(笑)


この歩き方をした後で普通の歩き方に戻すと、

いかに親指のつけ根に強い力が加わっているかが分かる。

外反母趾になる訳だ・・・(汗)


でもねぇ~、この歩き方、実際やってみると

楽っちゃ~楽なんですが・・・



      ちょいと不恰好なんですわ(笑)


なんで、河原町ではできません!

勇気ある方、ぜひ河原町で試してください。

そしてその時の様子をメールでもコメントでも結構なので

教えてくださいね(笑)

待ってます!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyotofw.blog99.fc2.com/tb.php/68-a955d43c


Powered by FC2 Blog