FC2ブログ

プロフィール

小川しんたろう

Author:小川しんたろう
【京もほっこり整体日記】京都市の整体院『京都フィルウェル』代表 小川しんたろうの整体日記
1973年4月 岡山生まれの整体師。

現在、京都市左京区にて整体中。

「指針整体」創始者 まつのぶ和也氏に師事。
指針整体オフィシャルスクール公認 指針整体師。

「指針整体 京都Feel-Well(フィル・ウェル)」代表。


http://kyoto-fw.com

【趣味】
ドライブ、ツーリング、アウトドア、読書、ショップ巡り、旅行

【好きな食べ物】
練り物(ハンバーグやつくね等)、ねぎ、蓮根、キャベツ、焼肉、パスタ…基本的に何でも好き!

【好きな場所】
賀茂川沿い、南禅寺

【好きな言葉】
「一期一会」 「生涯学習」 「感謝」


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


FC2ブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、前回「骨格を意識して歩く」を実践しました。

そこで今日は『骨』について書こうと思います。

骨って何でできているか知っていますか?


「カルシウムでしょ!?」


正解です!でも実はもっと複雑です。

全部書くときりがないので、主なものを挙げると

カルシウム、蛋白質、コラーゲン、水

ですかね。

んで、丈夫で強い骨を作るのは牛乳を飲むだけでOK!

って思ってるあなた、厳重注意です(笑)

骨を作るのは「骨芽細胞(こつがさいぼう)」というものです。

骨を壊す「破骨細胞(はこつさいぼう)」とのコラボで

日々骨を新しいものに交換してるんです。

だいたい二年半くらいで全ての骨細胞が入れ替わるそうです。

つまり二年半前とは全く違う骨になってるんですよ!

骨芽細胞は重力負荷で圧力を受けると活性化します。

つまり歩いたりジョギングしたり、カラダを動かすと骨ができやすくなります。

逆に重力負荷がないと破骨細胞が優位になってしまうので、

長期間宇宙空間にいる宇宙飛行士は骨が痩せているそうです。

骨折しても寝たきりだと、なかなか骨がくっつかないんですね。

そして、「骨を作るために牛乳を飲もう!」というのも要注意!

牛乳は確かにカルシウムも蛋白質も豊富な完全食品の一つですが、

栄養が豊富であることと、体内で吸収されるということは

どうやら別問題のようです。

日本人の場合、7~8割の人が乳糖分解酵素をもっていない・・・

つまり牛乳飲んでも吸収されずに排泄されるんです(汗)

しかもカラダが体内カルシウムが余計になったと認識すると

体内にあったカルシウムまで一緒に排泄してしまうこともあります。

骨を強くするつもりが、かえって弱くしているのかもしれません!?

だから、牛乳を飲むと下痢をするって人も心配無用です!

そんな人の方が正常なのかもしれませんね。

カルシウムはほうれん草などに多く含まれていますので、

牛乳以外のとり方も考える必要がありますね。

毎日のバランスの良い食事と適度な運動が、

骨を強くする秘訣です!

毎日コツコツがんばりましょう!
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。